私のプチ整形|整形したい!でもどのクリニックがいいのか悩んだ時は…

整形したい!でもどのクリニックがいいのか悩んだ時は…

私のプチ整形

カウンセリング

私が美容外科で最初に施術を受けたのは、埋没法の二重まぶたにするプチ整形でした。
値段もそれほど高くなかったですし、切らずにできるということと嫌だったら元に戻すことができる、というようなことで受けてみようと思いました。

私はまぶたの脂肪が分厚いほうで、埋没法のプチ整形は腫れないということでしたので、それほど腫れないのかと思っていましたが、かなり腫れました。
目を冷やして腫れをひかせるようにしましたが、かなり違和感がありました。もともと脂肪が厚くて一重まぶただったので、プチ整形は1年も持ちませんでした。
半年くらいしたら、目尻のほうから二重のラインが消えていくようになりました。目頭のところが若干二重として残っていましたが、顔の印象は一重の時とあまり変わりがなくて、プチ整形をしたようには見えませんでした。
それで、1年後に手直しということで、埋没法をまた受けましたが、2回目も1年くらいしか持ちませんでした。
やはり向き不向きというものがあって、私のまぶたは埋没法では二重にはならないタイプのまぶただったようです。

埋没法は最大3回しか受けることができないということで、美容外科の先生から切開法を勧められました。

美容外科に行ったことは父には内緒でしたが、目が腫れていたので、どうしたのだろうと思われたようです。
美容外科には自分で運転して車で行きましたし、施術後も自分で運転して帰ってくることができてとても楽でした。